テレワークの
不安要素は
これで解決!

WorkStyleAnalyzerは、テレワークによる業務管理・改善を実現するマネジメントツールです。 
実像が見えにくいテレワーカーの勤務状態を可視化して、テレワークの不安要素を一気にクリア!

テレワークにおける3大不安
WorkStyleAnalyzerが解決します!

不安①
自己申告頼みの勤怠管理

勤務開始時間と終了時間の自己申告のみでは、勤怠管理とは言えません。「本当に申告通りに業務遂行しているの?」「申告外の残業が発生していたら?」など、検討すべき労務管理問題が山積みです。

テレワークにおいても、ツール導入による勤怠管理のシステム化が課題解決につながります。

不安②
業務状況の把握

業務遂行が社員任せになる上、業務ごとの所要時間を把握できないので、業務改善のきっかけが掴めません。また、部門全体での業務状況が把握できないため、業務分担の最適化も困難です。

個人の状況だけでなく、組織の状況まで定量データで可視化できるツール導入が課題解決につながります。

不安③
テレワーク勤務者の人事評価

テレワーク導入時に見落とされがちなのが「人事評価の見直し」です。特に、数値化された成果を出しにくい業務領域では、客観評価のための材料をどのように用意するのかが課題となります。

個人の業務内容を可視化するツール導入が課題解決につながります。

WorkStyleAnalyzerでテレワークの業務改善を実現!

features
テレワーカーの勤務管理/
業務負荷の可視化
勤務場所と業務開始/終了時間、対象業務の登録により、対象業務ごとの作業時間なども含めテレワーカーの勤務状態を定量的に可視化できます。

個人ごとの負荷を把握することで、残業や優秀な人材への業務集中が発生しがちな問題も回避できます。
テレワークの生産性向上

PCの稼働状況を自動的に記録・集約できるので、個人別だけではなく部署単位や組織全体での分析が可能です。

生産性が低下しがちな業務を抽出したり、テレワークでパフォーマンスが低下している個人や部署へのフォローも可能となります。
業務の効率化・コスト削減に向けたPC操作状況の可視化
テレワーク中に使用しているアプリケーションだけでなく、作業対象ウィンドウ名やWebサイトURL、マウスやキーボードアクションまで把握できます。

反復動作や類似動作を検出することで、将来的な業務効率化や、コスト削減に向けたRPAの導入ポイントの抽出にもつながります。

こんな方にオススメ

recommendation
テレワーク勤務の実態を可視化して、社員の労働環境を守りたい
エース社員と一般社員の働き方を比較して、より良いテレワークにつなげたい
テレワーク勤務社員の人事評価に透明性を持たせたい
優秀な人材確保のために、会社としての「テレワーク対応力」を強化したい
優秀な人材確保のために、会社としての「テレワーク対応力」を強化したい

導入までの流れ

how to
1.お申込み
2.ヒアリング
シートご記入
3.インストール
4.無料
トライアル
5.運用開始
5.運用開始

よくある質問

FAQs
  • Q
    管理画面はどのように確認するのでしょう?
    A
    管理画面はWebブラウザで確認いただけます。
    閲覧権限を細かく設定することもできますので、従業員様にもご自身の働きかたを可視化いただくこともできます。組織に合わせて個人・チーム単位で確認できる画面を設定することも可能です。
    ぜひ無料トライアルをご利用いただき、実際の管理画面をご確認ください。
  • Q
    導入は遠隔地の従業員でも対応可能ですか?
    A
    はい、対応可能です。
    必要なのはネットワークに接続されているPC(Windows)があれば導入可能です。
    従業員の皆様にインストールファイルをお送りいただきインストールいただければすぐにお使いできる環境をご提供させていただきます。

  • Q
    組織を兼務しているのですが、複数チームを同時に管理できますか?
    A
    はい、可能です。
    管理画面で組織を自由に追加・編集できます。
    親組織と子組織などのように、管理するための階層を分割することも可能です。
  • Q
    セキュリティの面で問題はありませんか?
    A
    本製品のデータ通信はHTTPS(443ポート)を使用しております。
    稼働状況を閲覧いただくためのデータはお客様ごとの専用環境をご用意して、厳格に管理させていただいております。
    自社サーバによる運用も可能ですが、お客様の環境によるところもございます。お気軽に一度ご相談ください。
  • Q
    料金プランはどのようになっていますか?
    A
    ご契約のライセンス数によって異なりますので、お問合せください。
  • Q
    組織を兼務しているのですが、複数チームを同時に管理できますか?
    A
    はい、可能です。
    管理画面で組織を自由に追加・編集できます。
    親組織と子組織などのように、管理するための階層を分割することも可能です。

お問い合わせ・無料トライアル

application&request

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信する
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。